2024年9週0226_バザールな日々

Impression

仕事の関係で、文化祭前夜のような日々を過ごしていた。

目標の進捗管理

今年の目標は、小説や映画を楽しむ時間を取り戻しつつ、勉強に集中すること。そして健康面では飲酒を減らすことが目標。

  • 22冊の本を読む(その半分は技術書)
    • 7冊読了。31.2%
    • 新規読了
      • イーロン・マスク 上』
      • Fate/strange Fake(1)』成田良悟
      • Fate/strange Fake(2)』成田良悟
        • Fate/stay night20周年に浮かれていたのか読了してしまった。人数の多い群像劇の序盤なので、プロローグの面白いところだけを詰め込んで一冊の小説を書いてしまえている。
      • 『プロダクトマネージャーのしごと』
        • 思った以上に自分がしている仕事について書かれていてビビった。そして身に染みる言葉が多いので、デスクに置いておこう。
  • 22本の映画を見る
    • 3本見た。13.7%
    • 全然進捗しない。
  • 禁酒100日
    • 休肝日を24日作りました。ハイペースで達成できている。


Coffee inc2にハマってしまう

  • Twitterでバズっていたコーヒー経営ゲームにハマってしまった。スマホアプリなのが不味かった。
  • 3月はそれどころではないので、気合いで誘惑を断ち切り、現在はプレイングを止めている。

Heptabaseをトライアル

Heptabase

機能面

  • メモとホワイトボードを組み合わせたようなデジタルノート。
  • 新海誠が使っているらしい。本人がTwitterで呟いている。
  • ネイティブアプリとしてMac, Windows, Linux, iOS, Androidで横断的に使える他、ブラウザからもログインして利用可能。
  • プライシングは年間契約で月8.99ドルと、このドル高の時代にはなかなかな金額。7日間のフリートライアルがあるので、そこで操作性を確かめることができる。
  • エディタとしての書き味はNotion。MiroとNotionを組み合わせたような感じ?
  • 基本的に説明などは全て英語で、英語がある程度読めることが前提だけど、ドキュメントはChatGPTの翻訳機能を使って、英語、中国語、日本語と用意されている。

数日使っての印象

  • ホワイトボードの中にホワイトボードを埋め込んで階層構造にできるところとか面白いし、ノート間リンクで整理をするのはいつか破綻するという思想も妥当だと思う。
  • あと、やっぱリニアに書くだけじゃなくて左右にも移動できる方がノートって使いやすいということを再確認した。
  • ただ、エディタがNotionそっくりなブロックエディタなのが辛い。改行すると別ブロック扱いになる仕様が、markdownとしてコピペしたりエクスポートしたりするときに、余分な改行として表現されるのでポータブル性が損なわれると感じる。

デジタルノートの整理の必要性

下記の通り、あまりにも散逸しているので整理の必要を感じている。

  • Joplinはマルチデバイス対応と同期については満足しているけど、純粋にエディターとしては不満足で、利用頻度が落ちている。
  • Heptabaseは整理に向いてそうだし、マルチデバイス対応も同期もしてくれるけど、markdownの保管庫として不安がある。
  • ObsidianはHeptabaseを完全に代替することはできないが、canvasがあるのでノートをカード扱いした上でホワイトボードとしては使える。拡張性・カスタマイズ性が高く、かつmarkdownファイルの保管庫としても要件を満たしている(Joplinとの違いはファイル名がメモのタイトルになる点で、このせいで日本側話者はファイル名が日本語になってしまう。文字コードの違いに悩むことはかなり減ったけど、長期的な運用を考えると少し不安がある)。
    • 数ある選択肢の中ではobsidianが一番良さそうで、Syncに月額8ドル払えば、この悩みから解放されるのでは?

散逸の状況

  • 書き殴る、小さなメモ、開発メモ、ログ、コードスニペット置き場
  • ブログの下書き
  • テキストのストレージ
    • joplin
  • ホワイトボード
    • miro, heptabase
  • 職場
    • obsidian
  • コーディング
  • 短編小説を書くとき
  • 過去の遺産

2024年6週0205_〆切に追われる日々


Impression

2つ以上の〆切に追われて、週間10時間以上の打合せと、それ以上のデスク作業に没頭する一週間だった。ほとんど家に寝に帰る生活。

スクラムによる読書管理


ソラリス

  • 「コミュニケーション不可能な知性との遭遇」という強力なコンセプトがあって、ほぼそれで全編を貫き通し、後世にも上記コンセプトを代名詞として生き残っている長編小説である。そういう意味で成功していると思う。
  • コンセプトだけだと長編小説にはならないので、ソラリス学という細部と、主人公の死んだ元妻のにせものが出てくるという心理サスペンスとの2つで引っ張る構成。
  • 作中の少なくないページ数を占める「ソラリス学」に関する蘊蓄パートは、ほとんど学問、科学研究の高品質なパロディになっていてとても読みがいがあった。
  • コンセプト面での共通性以外の部分でも、ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』の先祖だなと感じる部分は色々とあった。(閉鎖空間での心理サスペンス、背景設定開陳にあたって作られる作中文献、学術的なテキストのもっともらしさ)

keychron k2 proを使っている

  • 職場で静音軸にして使っているが、音もせず非常に快適。
  • ただ手先が不器用なのでスイッチを替えるときに、元々の青軸が一部Shiftキーなどに残ってしまっている。これはこれで、割り当てるキーによっては「押した感」がはっきりするので使いようがあるのかもしれない。

2023年52週1225_大晦日まで仕事、あるいはドキュメントを書きまくった一年、ObsidianとJoplin


Impression

毎年のことだが、大晦日まで仕事をしていた。平日休みは疲れてダウンしていた記憶しかない。

週間振り返り記事を書き出した

  • この頃から、50週や51週の振り返り記事を書いていた。この52週の記事もそうだけど、かなり後追いだし、今のところ宿題のように積み重なっていく気しかしていない。


2023年振り返り

ひたすら仕事でドキュメントを書いていた一年だった。 仕事と家事と育児しかできず、レビューを寄稿するくらいはしたものの、小説は一本も書けなかった。そして2023年見た映画は10本という有様。

テキストエディタ(Obsidian vs Joplin)

仕事ではObsidianというローカルで動くテキストエディタを使って、ありとあらゆる文章を書いているのだが(議事録、打ち合わせメモ、整理ノート、プロジェクト管理ツールのチケットの下書き、日報、週報etc...)、私生活ではJoplinというオープンソースのエディタを使っている(これもローカルで動くエディタだ)。このブログもJoplinで書いている。

操作性の微妙な違いにストレスを感じながらも、仕事と私生活でエディタの種類までを分けている最大の理由は、ファイル同期の問題にある。

職場のテキストエディタは、ファイル同期をする必要がなくローカルで自己完結すればいいが(むしろコンタミを避けるため完結する必要がある)、私生活ではiPhoneWindowsデスクトップ機とMackBook Airを使い分けているため、この3種のデバイスを超えてファイル同期をする必要がある。

Obsidianはファイル同期に癖があって、上記の組み合わせで同期するのであれば、結局公式が提供している有料の同期機能(Obsidian Sync™)を使うのが無難ということになる。ただし、年間契約で月8ドルという価格設定に躊躇してしまっているのだ。

JoplinはDropboxを利用することで、(Dropboxを使うということを受け入れられるなら)上記3種のデバイスを超えて確実かつ高速に同期を実現できる。現状、できている。

仕事の方がドキュメントを書く量が多いので、必然的にObsidianの書き味に慣れてしまうし、基本的な機能もプラグインの豊富さもObsidianに軍配が上がる。まあそれはそれでいい。今の状況だと、プライベートで文章を多く書く時間なんか無いのだから。

しかし、問題点がある。何事も「仕事・私生活」の二分法では区別できない物があるのだ。

仕事の役に立つノートには、二種類ある。 - ある特定の職場の守秘情報が含まれていたり、ある特定の職場に特化したドキュメント - より一般化されたドキュメントで、仕事に役立つ情報が書かれているもの。例えば、技術書のまとめノートなど。


そのようなドキュメントは特定の職場でだけ参照するものではなく、自宅でも、出先でも、あるいは今後転職することがあればその転職先でも参照しうるものだし、知見として外部に公開することもできる。

そういったものは職場のPCにインストールされたローカルのテキストエディタではなく、結局ブラウザで利用するようなクラウド上で同期するメモツールを使うのが一番なのかな思っている。とりあえず、最近あまり使っていなかったScrapboxを持ち出して使ってみるが、果たしてどうなるか。

keychron k2 proを買った

家と職場で同じキーボードを使うため、慣れているkeychron k2の上位版を買った。k2 proだとホットスワップに対応しており、職場でのタイピングに適した静音軸に変えることができるからだ。

Jiraで一人スクラムをする

スクラム開発はひとりでやるものではない、というのは承知しているのですが、やってみると有用そうだったので。

1. 目的

  • 自分の性格上、様々なものに目移りしやすいので、「やらないこと」を決めるのが苦手だった。
  • 2024年はその性質と向き合うためJiraを使って「一人スクラム」を行い、真に価値ある作業に集中しようと思った。

2. 背景

2.1. きっかけ

人生を仕組み化していったら結婚できた件を読んで、個人の私生活でissue trackerを使ったり、スクラムをする発想に興味を惹かれた。

2.2. 現状のタスク管理

  • 元々タスク管理にはTodoistを使っていた。
  • これは、ゴミ出しや買い物メモのような、メモの延長としてのタスク管理には有用で、特に繰り返しタスクには非常にワークしているのだが、中長期のプロジェクト的な性質の強いものには上手く使えていなかった。
  • Todoistは第2の脳のように使っており、かなり細かい単位で日常生活のタスク管理を自動化しているので、一日のタスク量が20~30ある。残念ながら、ずっと残り続けるゾンビタスクも目立っている。そのような状況では、かえって今現在集中すべきタスクに集中できなくなってしまっていた。
  • 「今日のタスク」とは別に、「#今すぐやる」というプロジェクトを作ってそこにタスクを2~3移動して処理するフローならこの問題は解決できるかもしれない。

3. なぜJiraなのか

3.1. 検討した別の方法

  • Todoist
    • 普段使っているツール。やりようはあるかもしれないが、現状使い倒しているので環境は汚れている。機能不足があるかもしれない。
  • asana
    • 個人用途では使いやすいとの評判を聞く。Asanaを避けた決定的な理由は正直ない。
    • より老舗なJiraの方を理解したいと考えた。

3.2. 検討過程

  • JiraかAsanaかで迷い、両製品を比較検討したが、結局トライアルしたのはJiraだけ。
  • スクラムのテンプレートはどちらにもあったが、エンタープライズ企業向けのリッチな製品を無料で使えることに興味を惹かれた。
  • 個人ならAsanaやtrelloで足りるという発想が常識的かもしれないが、逆張りしてみたかった。
  • 将来的に仕事に役に立つかもしれない、という目算もある。

3.3. トレードオフ

  • Jiraは複雑なプロダクトなので、学習コストが高い。オーバースペックに苦しむ可能性がある。
    • Jiraを学ぶ、ひいてはITSM全般についての学習に繋がるので(他の製品例:ServiceNow)、長期的には無駄にならない。
  • Todoistと使い分けることによる、コンテキストスイッチの増加。(やりたいことはTodoistでもできるかもしれない)
    • Todoistは小規模タスク用、Jiraは中長期タスク用という使い分けをした方が効率が上がる可能性も否定できない。
    • Todositで足りるなら、戻ってこればいい。

4. 実際に使ってみて

スマホアプリ版 バックログを眺める

タイムラインも見れる

4.1. 私生活

積読消化に使っているが、色んな本に目移りしやすい性質を抑えて、各スプリントごと(1週間)集中して読む本を決めて優先順位付けに役立っている。ストーリーポイントもつけて、スプリント計画や、ふりかえりも実施している。

ただし最初のスプリントが上手くいったのは、以下のような要因が大きいかもしれない。

  • 『入門監視』がハンズオンが不要な本であること
  • 面白い本であること
  • 薄い本であること
  • 始め立ててモチベーションが高いこと
  • 最初のスプリント時に(普段は無い)平日休みがあったこと

500ページ以上あって、手を動かす必要もある書籍は何スプリントにもまたがるので、モチベーションを本当に保てるのか疑問は残る。

4.2. 仕事

仕事でもJiraを使い始めたが、スクラムではなくカンバンを用いている。

仕事では、種類も、粒度も、優先度もまちまちなタスクが沢山あって、割り込みも入るのでカンバンの方が続けやすいと思ったからカンバンを選んだ。

4.3. その他

Jiraはまだ許せるが、Confluenceの重さ・遅さには耐えられないのでConfluenceは使っていない。ドキュメントツールは速さが正義。僕がNotionをあまり使わないのも重いから。 (スプリントレビューは動線が上手く作ってあるのでConfluenceに書いているが...)

代わりにScrapboxに書いて、リンクをJiraの左メニューに貼っている。

5. 今後の目標

  • まずは1ヶ月続ける。
  • 家族でスクラム
    • スクラムはチームでやるのが通常想定されているので、(考え方は有効だが)本当は一人ではなくチームでやった方がよさそう。理解を得るまでの道のりは遠そうだが...。

2023年読んだ本

あまり本が読めなかった年ではある。特に小説が読めなくなってきた。

ハンズオン系のIT関連本は好きだけど、やり切るには努力がいる。

読了した本

合計11冊

小説

  • 『ノー・カントリー・フォー・オールドメン』
    • 再読。既読に気づかず読んだけど、2回目でも面白い。
  • 『ロード・ジム』
    • レビュー用。かなり読了に時間を要した。
  • 『チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク』

それ以外

  • 『イシューからはじめよ』
    • コンサル的なことをやることになったので、有名な本を読んでみよう。抽象度が高めで、一読しただけでは消化できない。
  • 『反逆の神話』
    • 有名な本を読んでみよう。
  • 『小さなチーム、大きな仕事』
  • 『人が増えても速くならない』
    • ITシステムのプロジェクト管理にあたり、説明相手である非IT系の上司、管理職、役員に読ませるのにちょうど良さそうな本。
  • DNSをはじめよう』
    • 事前にこの本でDNSについて勉強しておいたことが、実際に仕事で役に立った。
  • コンサルティング会社 完全サバイバルマニュアル』
  • 『世界一流エンジニアの思考法』
    • 死ぬほど読みやすい。Azure作っている職場のエンジニアってこんな感じなんだ、という興味本位。
  • アジャイルサムライ』
    • 仕事でアジャイルをやる羽目になって(これアジャイルじゃね?と気づいて)、読んだ本。
    • 実務で苦しみながら読んだので内容の理解がしやすかった。最初から綺麗な状態でPJに入るより、カンバンも、バーンダウンチャートもスプレッドシートで自作する必要がある環境の方がそれらの必要性を理解しやすい気がする。

読んでいたが、読了できなかった本

  • イーロン・マスク(上)』
    • 破天荒で面白い。ちびちび読んでいる。
  • 『GE帝国盛衰史』
    • でかい企業って大変なんだね。他人の不幸を眺めて、我が境遇に安心する。
  • 『高校生だけじゃもったいない仕事に役立つ新・必修科目「情報I」』
  • 『退屈なことはPythonにやらせよう第2版』
    • やっている途中。こちらはプログラミング自体の初心者向け。
  • 『入門Python3 第2版』
    • ユーモアに溢れていて本としては面白いし、書かれているような仕様に興味があるタイプだけど、先に『退屈な〜』を読んだ方がいいかなと思った。こちらはプログラミングの経験はあるが、pythonのことはこれから勉強するという人向け。プログラミング本の「入門」の意味するところは広い。
    • 自分はちょうどその中間くらいなのでどっちも読めるという感じだが...
  • AWSをはじめよう_改訂第2版』
    • 8割やったものの、途中でインスタンスのバージョンアップをしたせいで環境が吹っ飛んだので一旦辞めた。AWSの勉強はしたかったが、WordPressのブログが欲しかったわけではなかったせいかも。
  • 『新しいLinuxの教科書』
    • 知っていることが多かったのでモチベが続かなかったけど、どこかでもう一度一通り読んでおくべきような気はする。

2023年51週1218_年末は検証の時間

Impression

社外との打合せをするのはこの週が最後だった。それも水曜くらいまでの話で、週末にはクリスマスムードもさることながら、すでに年末のムードが漂いはじめていた。

今週の平日休みも何もできなかったし、全体的に疲れがたまっているので(特に目の疲れと、家事疲れ)、来週は流し気味に仕事をしたい。

Tableau

  • 検証用途にTableau Publicを触っていた
    • Tableau Desktopとほぼ同じ機能だが、(1)一般公開されてしまう、(2)接続できるデータソースが限られるといった制約がある。そういった部分に注意さえすれば、検証用・学習用に触るのによさそう。
    • Windows版をPCにダウンロードする。
    • チュートリアル:Tableau Desktopを始める前にをステップ5まで取り組んだ。

読書

町田康『ギケイキ』 を読んでいた。いつもの町田康といえばそうなんだけど、義経が火を吹いて家屋を焼き払ったあたりで「元ネタの『義経記』にも同じ展開があるの? それとも町田康のアレンジ?」と困惑してきた。

2023年50週1211_キッチン瑞穂の味と思い出

Impression

大学時代によく利用させてもらっていた洋食屋である「キッチン瑞穂」が閉店するという報を聞いて、当時の友人たちと訪ねた。


キッチン瑞穂

胃袋の関係で、カツカレーの特大サイズこそ頼めなくなったが、記憶と変わらない味、変わらない値段がそこにはあった。

このあと雨が降ってきた

並サイズ。
味は和風カレー?というのか、慣れ親しんだ感じ。この時はそこまで混んでいなかったけど、現在は閉店前ということでお客さんが殺到しているとか。


京都観光とわらび餅

ついでに宝泉堂でわらび餅を食べてきた。混んでいるんじゃないかと思っていたけど、偶然なのか、人も少なくて非常に良かった。

趣深い外観
わらびもちとは思えない外観

ここのわらび餅は、ジャンルとしては精進料理に近い気がする。 横にある緑色のビールみたいな飲み物は、アイス抹茶。抹茶が苦手な自分でも問題なく飲める。


Keychron Q10

職場のキーボードのEnterキーが遠すぎ問題に悩まされていたので、購入した。自分が持っているキーボードで間違いなく一番高価で、一番重量がある。 スペックは以下の通り。

感想

  • Alice配列初体験なのでそもそも慣れないが、探索の一つとしてやっている。
  • こういう特殊配列の問題点として、適応しちゃうとノーマルな配列に戻れないことがあると思う。HHKBに手を出していないのもそれが理由。職場・家・ノートPCの3つ全てのキーボードの配列とキーマップをなるべく統一したいので、その関係上、買うなら3つ買う必要がある。(なのでノートPCに寄せる構成になりがち)
  • VIA対応は初めて触ったけど、ブラウザからキーマップをGUIで変更できるのは簡単でいいですね。早速、Cap lockキーをLedf Controlキーに、右親指側のスペースキーをバックスペースに変更した。
  • VIAがちょっと楽しかったので、なかなか取り組めていなかった全デバイス・アプリ共通キーバインドを目指すというのもいいかもしれない。

読書

  • 『プロダクトマネージャーのしごと』
    • オライリー本。予想よりもずっと的確に、自分が今まさにやっている仕事について書いてあってビビった。
    • 読み終わったら記事を書こうと思う。


  • 『インディーゲーム・サバイバルガイド』
    • 友人が面白いと言っていたので、買ってみた。
    • インディーゲーム制作の、ゲーム制作以外の部分(宣伝とか、外注とか、その他諸々の実務)について書かれた本で、基本的にゲーム制作を実際に始めるひと向けの実務書。まだ読んでいる途中だけど、インディーゲームで食っていく方法について書かれていて、興味のある向きには楽しい。
    • 実際にやるのかは別として、もはや小説を書くよりも、steamにノベルゲームを発表するほうが興味をそそられる時代すね。